メインイメージ画像

東京で探す貸し事務所

東京で貸し事務所を見つけるとなると、数多くの候補の中から選ばなければならないので、時間がかかってしまうことがあるかもしれません。本来は全部自身の目で見学するのがベストかもしれませんが、実行するのは困難ですよね。そんな時は、インターネットのサイトで探してみてはどうですか?好みの間取りなどを入力すると、条件にマッチした物件を見ることができるのです。その中で何軒かの候補を選んで、これを基に不動産屋で相談をしてみるとスムーズな取引をすることができることでしょう。不動産サイトのほとんどは無料で使うことができますし、自分の都合が良い時に検索できるので、忙しい方にはピッタリです。さらにインターネットから見学の予約ができることもあるので、何軒かの不動産屋に行くならば、時間の短縮にもなるはずです。仲介手数料などの料金は各不動産屋によって異なってきますが、これだけに注目せずに、後々のサポートが充実しているところを見つけるのもいいかもしれませんね。

イメージ画像

オフィスを借りるためには想像以上に色んな諸経費がかかることもあります。契約をする時に支払う保証金や仲介手数料、内装の工事費、オフィス家具やOA機器を揃える費用、もしも引越しをするならば、引っ越し費用や古いオフィスの原状回復費用などもかかってくるでしょう。これから利用する事務所の立地や面積によりますが、それでも支払いは高額になってしまいます。少しでも出費を抑えるために、リース家具を使ったり、引越し時期を費用が安い時にするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。また毎月の支払となる家賃については、必ず不動産屋に交渉することが重要です。少しでも家賃を抑えることで、長期的に見て大きな節約となるかもしれないでしょう。こういったこと以外にも駐車場が必要な場合や、OAフロアかどうかなどでも諸費用は大きく違ってきますから、新しい事務所を借りることになったら、早めに費用の計算をする方が、様々な話し合いがスムーズにすすめられることでしょう。

最近のIT業界の発展とともに、仕事においてもITは不可欠ともいえるものになってきました。新しい事務所を探しているならば、その事務所がIT対応オフィスかどうかをチェックする必要があるでしょう。古い事務所であれば、IT化していないことも考えられるので注意が必要ですね。でも、賃料が安くて間取りもいいけど、IT対応フロアじゃない…と諦めてしまう必要はありません。設備が古くて安い物件を借りて、自分で業者に依頼してOAフロアにするという会社も少なくないようです。こういった工事は事務所の広さや施工する業者によって費用が変わりますので、事前にきちんと計算することが大切です。またオフィスによっては指定業者がいる場合もありますので、契約の内容を把握してトラブルを回避することや、退居時の原状回復義務に関しても調べておきましょう。充実した設備がバッチリ整っているオフィス以外にも、自身でよりよい事務所を作っていくというアイディアを念頭においておくと、事務所を探す際の選択肢が広がることでしょう。