メインイメージ画像

オフィスの賃料

新たにオフィスを構える場合、賃料を重視している人も多いようです。このような人は、契約する際には賃料の改定方法を必ず確認しておきましょう。一般的には改正は契約を更新する時に行われることが大半なんですが、契約書に「甲の申し出によって」等と記載されている場合は注意が必要です。これはオーナー側の申し出だけで賃料を変えることができるとするものですから、もしも改定された賃料に満足できなくても文句を言うことはできません。借り手として安心できるのは、両者の協議がなければ一方的な値上げをすることができない、「甲乙協議」という記載のある契約書です。後のトラブルを避けるために、そういった点を確認することを忘れないようにしておきましょう。契約をする際には不動産屋などの仲介会社が間に立って、両者が満足できる契約が結べるようにしてくれますので、ささいなことでも何か気になることが見つかれば、その都度相談をして解決することが大切です。

イメージ画像

事務所を移転する場合、大事なデータや機材を預けるわけですから、何処の引っ越し業者に依頼をするのかという点は大切なポイントとなります。何社かの業者に見積もり依頼をして比較をしてみるといいかもしれません。各引っ越し業者によって引越しの日程や料金などが違ってきますので、比較してみた上で最も都合の合うところを選択するようにするといいかもしれませんね。見積もりの際のやり取りの中で迅速な対応をしてくれるかどうか、丁寧な対応をするかを見ておき、そういったことを参考にしても良いでしょう。引っ越し業者の他にも、引っ越しをする際には新しいオフィス内の工事を行う業者を決めておく必要もあります。貸し事務所によってはビルのオーナーが指定している業者がいることもありますが、そうでない場合は自分自身で業者を選ばなければなりません。その場合も同様に、幾つかの業者に相談して見積もりを依頼し、それを参考にして選ぶようにするといいかもしれませんね。